黒柴はな♪~いたずら三昧~

多摩地区在住主婦と黒柴はな(♀/2008年7月30日生)との育犬日々を綴っています。

2011年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年10月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

なかなかね

先週までの暑さがウソのように、
すっかり涼しくなった多摩地区です。
この涼しさと共に、
はなの痒みも引いてくれるかなぁと期待したものの、
そんな期待はさくっと裏切られましたね

記録にとどめるために、治療経過を載せマ~ス。

マズル
赤みがちょっと引いたかな?でもまだ薄いまんまだね

10日分の抗ヒスタミン剤で痒みの様子を見た結果、
痒みに対する変化はなし。
人間の花粉症のように、
症状が出る前から薬を飲んでいる状態を保つと、
いくらか効果は期待できるそうですが、
10日経って変化がないなら、
抗ヒスタミン剤の効果は期待できないという見解。

結果、次のステップ、
ステロイド剤(副腎皮質ホルモン剤)を投薬することになりました。

以前のはなの症状を獣医に伝え、
以前使用した薬とは違うものであるので、
様子を見ながら投薬することに。
副作用がありますから、
体重を量り、まずは4日分、軽めに処方していただきました。

ステロイド剤に反応し、痒みは取れた模様。
効果があるということで、今度は徐々に
8日かけて薬を抜いていきました。

が・・・
止めた途端、痒み再発です
ということで、また病院へ

ぐたー
脚の内側も薄い感じなんだよね

本格的にアトピー対応を考えましょうということになりました。
ただ、はなを診て、原因が特定できない

はなの場合は3歳ということやいろんな食材を食べてきた経緯もあり、
食物アレルギーは考えにくい、
皮膚の状態からそれ以外のノミ、ダニ、真菌なども考えにくい、
という獣医の見解。
花粉、ハウスダストだと思うけど、何とも言えないとさ


ということで、
このままステロイド剤を使うことは、
長い目で見て良い事はないので、
別の方法をとりました。

勧められたのは、免疫抑制剤を使うか、インターフェロンか。
減感作療法はアレルゲンの特定ができればいいけれど・・・
とイマイチな反応でした。
血液検査についても、アレルゲンに反応が出ない可能性もあり、
それと、はなは注射をとてもとても嫌がるので、
検査をしないまま別の治療にすることに。

免疫抑制剤の投与に決めました。
(インターフェロンはあまり効果が見られないことが多いそうな)

免疫抑制剤、副作用がないわけじゃありません。
ステロイド剤よりは少ないってくらいかな。
(嘔吐、下痢がおこりやすいそうな)
まず今日から3日分投与して、また様子見ながらです。
でもこの薬、高いんだよねー インターフェロンより安いけど
効果を見てだけど、
11月いっぱいくらいは投与しないと行けなくなりそうな感じらしく、
保険に入っててよかったのかも。
せっかくなので、ちゃんと効いてくれたまへー

カイカイはなかなか治りませんな
ネットや本やアトピー治療してる他の仔の話をみると、
だいたいおおむね同じような道をたどってますね。
ただ、アトピーと言っても、犬種によってまた症状が違ったり、
必ず一緒の対処法となるわけじゃないみたいで、
痒みを取り除いてあげたくとも、
ワタシもいろいろ試行錯誤となります・・・

このまま痒みも治まって、
再発しないといいんだけれど。
まだもう少しかかるかな。

参考までに2回目以降の料金デス

≫ Read More

スポンサーサイト

| 健康 | 11:24 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。